Last Updated on 2024年2月1日 by admin

旅行の際に必ず千代田区出張マッサージを利用
我が家は両親が大の東京好き。銀ブラをしたり、歌舞伎にと毎回あちこちを動き回っています。私と主人もお供に行くのですが、毎回年寄りとは思えないくらいの量を歩くんですよね。それだけ好きだということなのでしょうが、そのパワーに圧倒されてしまうこともあります。とはいえ、熱中している時は良いのですがホテルに帰ってくるとぐったりしてしまうんですよね。そこで毎回2泊しますので、最初の1泊目に千代田区出張マッサージの方に来て頂くようになりました。
合計4名なので4人のスタッフさんに来て頂いています。それぞれの部屋で施術を受けるのですが、これが本当に気持ち良くて。近県ではあるので朝一番に出発してあちこちを回ってからホテルに入るのですが、7時台の電車に乗って9時に東京に着いたらそこからはずっと動きっぱなし。観劇というのでしょうか、歌舞伎なんかを見ることもありますがもちろんずっとではありません。動き回っている時間の方が長いので、体が疲れ切っているんですよね。
この疲れ切ってクタクタになってしまっている体で受ける出張マッサージって、本当に気持ち良いんです。アロマオイルの香りにも癒やされます。料金も安いですし、コストパフォーマンスもとても良いので同じく東京によく行く友人たちにもおすすめしています。
アロマオイルの香りにも癒やされます

皇居のある千代田区

千代田区は東京都にある23の特別区の1つです。1947年(昭和22年)に、麹町と神田両区が合併して設立されます。区の形は旧江戸城の外堀に囲まれた円形をしており、区域の大部分は江戸時代の武家屋敷跡で、中心に皇居があります。

皇居の南側にJRの東京駅があり、東京駅周辺の大手町や丸の内はビジネス地区になっており、日本の経済や情報、通信の中枢をなしています。皇居の西側の霞が関には外務省や財務省、経済産業省などの政治を司る省庁が林立しています。また、警視庁や検察庁、最高裁判所などの司法機関も霞が関にあります。隣の永田町には国会議事堂や首相官邸があります。

流行歌にも出てくる有楽町駅付近は古くから繁華街として栄え、隣にはわが国最初の洋式公園である日比谷公園があります。北部の神田、九段、麹町、番町は文教地区で、神田神保町界隈は様々な書店や運動具店、楽器店の集まる街として発展しています。

江戸城跡は特別史跡になっており、また外堀跡及び北の丸公園のヒカリゴケ生息地は史跡に指定されています。江戸三大祭りで知られる日枝神社には太刀などの国宝が所蔵されています。なお、戦没者の祀られている有名な靖国神社も千代田区にあります。

トップに戻る